東京大学21世紀COE「次世代ユビキタス情報社会基盤の形成」第20回シンポジウム

ユビキタス社会におけるネット利用の国際比較

-WIPデータから日本的特性を探る-

【日時】 2009年2月19日(木) 14:00 - 16:30

【場所】 東京大学山上開館 大会議室

【主催】 東京大学21世紀COE「次世代ユビキタス情報社会基盤の形成」 東京大学大学院情報学環

【プログラム】

14:00~14:10 COE拠点リーダー挨拶
  坂村 健 (東京大学情報学環教授、東京大学21世紀COE「次世代ユビキタス情報社会基盤の形成」拠点リーダー
14:10~14:35 報告Ⅰ「WIPの活動と国際データ比較
  三上俊治 (東洋大学社会学部教授)
14:35~14:55 報告Ⅱ「ネット社会の変化-政治意識をめぐって
  遠藤 薫 (学習院大学法学部教授)
14:55~15:15 報告Ⅲ「不確実性回避傾向(UAI)と日本社会の情報化
  木村忠正 (東京大学総合文化研究科准教授)
15:30~15:50 コメント
  コメンテータ
   石井健一 (筑波大学システム情報工学研究科准教授)
   吉井博明 (東京経済大学コミュニケーション学部教授)
15:50~16:30 ディスカッション
  コーディネータ
   橋元良明 (東京大学大学院情報学環教授)