2010年調査の概要

調査の目的

 本調査(「情報行動に関する意識調査」)は、アメリカのUCLAを中心に世界28カ国と共同で取り組んでいるワールド・インターネット・プロジェクト(WIP:World Internet Project)の一環として行われたものであり、2010年1月時点での日本全国のインターネット利用実態を明らかにするとともに、他国の利用状況との比較研究を可能にすることを目的としている。

調査内容

2009年のWIP国際会議において合意された国際共通設問をもとに、以下の項目についてたずねている(詳細は末尾添付の調査票参照)
(1)メディア利用時間
(2)インターネット利用の有無と利用時間
(3)PCインターネットの各種サービスの利用頻度
(4)目的別のPCインターネット利用状況
(5)アクセスしているPCサイト・携帯サイト
(6)携帯インターネットの各種サービスの利用頻度
(7)ITリテラシー・情報選択力
(8)インターネットを利用しない理由
(9)メディアの重要性・信頼性評価
(10)インターネット利用に対する不安意識
(11)インターネットと政治・社会意識
(12)対人コミュニケーション時間

調査対象

・   母集団 : 全国の満15歳以上69歳未満の男女
・   標本数 : 525(35地点×15標本)

・抽出方法: ランダム・ロケーションクォータサンプリング
2009年3月の住民基本台帳データにもとづいて市区町村を都市規模 (政令指定都市、市部(20万人以上)、市部(10万人以上20万人未満)、 市部(10万人未満)、町村)で分類後、人口比で地点数を割り当て、
各規模での地点を無作為に抽出する。 さらに日本の総人口の性・年齢層の構成にもとづき性×年齢層別に必要 標本数を算出し、各地点の必要標本数(15標本)を性・年齢層別に割り 当てる。
調査地点では、調査を開始する住宅を調査員が任意に選定し、隣接した 家には訪問しない、集合住宅の場合1棟から抽出する標本は5標本まで、 (標本回収率により訪問戸数は5戸以上になりうる)との基準で、順番 に訪問を行い、調査協力を依頼する。

調査実施期間

2010年1月15日(金)~1月27日(水)

調査方法

調査員による訪問留置回収法

成功率

調査員が調査依頼した件数のうち、標本回収に成功した比率は15.1%
(訪問件数3468件中、525標本回収)

インターネットの利用動向に関する実態調査報告書2010

報告書ダウンロード